新井 優衣香

学生時代にやってきたこと

“作ること”が大好きだったので、学生時代、フリーペーパーの編集長やファッション関連イベントの主催など、社会人さながらに“作る”活動をしていました。その中でも一番全力でやったことは、卒業制作として映画を6人のグループで作ったことです。脚本を作り、芸能事務所に告知をして、自分達でオーディションするところからやっていました。学生映画なのでギャラは3~5万円しか払えなかったのですが、それでも多くの俳優さんが出演してくださいました。図工や工作も好きだったので、映画美術もやりましたね。自分たちで映画祭を主催して出品したりする経験もしました。

サイバードを選んだ理由/現在の仕事

就職活動時には、とにかく何かを作る仕事、そしてただ作るだけではなく、それを発信して多くの人に知って欲しい、それができる会社に絶対に入ろうと決めていました。サイトで会社概要を見て、興味が沸き、会社説明会に行きましたが、当時はシャネルとコラボレーションをしたりしていて、やっていることが面白そうだなと思いました。社長のビデオメッセージを観て、仕事に対する考え方や、挑戦しようという姿勢、そして何よりも楽しそうに話をする姿に共感し、サイバードに就職することを決めました。
入社後は、ソーシャル画像投稿サービスの運営、非公開トークアルバムアプリのプランナー、コンテンツの新規立ち上げを経て、現在はイケメンシリーズのプロデューサーとして仕事をしています。

成長を感じたこと/これからの目標

入社一年目、当時人気だったアイドル犬のサービスを担当することになりました。Twitterで飼い主の方にメッセージを送り、「是非会ってください!」とお願いするところから始めて、事務所への企画提案、契約からリリースまで、川上から川下まで完全にゼロからやったのは初めてだったので凄く勉強になりました。やりがいがあった一方で、大変なこともあって。泣きながらやった日もあったし、色々と迷惑を掛けてしまいましたが、周りの人が助けてくれてやり切ることが出来ました。
サイバードは、やりたいことを本当にやりたいと思えばできる会社です。きちんと話を聞いてもらえるし、背中を押してくれる。それは凄く魅力的です。そういう風土を活かして、これからももっともっと新しいことに挑戦して行きたいです。

  • デザイナーズブログ
  • エンジニアブログ
  • Facebook