田口 真嗣

学生時代にやってきたこと

今現在の肩書きはエンジニアですが、学生時代から企画志向のエンジニアを目指していました。人を幸せにする仕事がしたい、その中でもゲームプランナーとして多くの人を笑顔にしたいと考えていました。そこで、自らが企画、開発したゲームで「全国専門学校ゲームコンペティション」などの大会にも参加をし、幾つかの大会では優秀賞をいただきました。また、学校は名古屋でしたが、ゲームの面白さというものを知るために東京で行われていたイベントにも足を運んだり、企業インターンシップにも参加したりして、他の人はどんな企画を考えているのか、なぜそれが面白いのかを肌で感じることも積極的にやっていました。

サイバードを選んだ理由/現在の仕事

当時、サイバードが「サンリオ男子」というサービスをやっていたのを知って。更に調べてみたらキャラクターIPに強い会社なんだって分かりました。皆が知っているIPに関われるんだったら面白いと思ったしミーハー心もありました(笑)。それから、人事とエンジニアの距離が近いと感じました。そこから、きっとアットホームだし、オープンなコミュニケーションができる会社なんじゃないかと思いましたね。面接で出会ったエンジニアが皆さん活力に溢れていたのも凄く印象的でした。
現在は技術部門に所属し、ゲーム事業の分析基盤システムの運用を担当しています。データを通じてお客様の行動が読めるのが面白いしやりがいがあります。だからこそ間違ったデータを出す訳にはいかないから、責任もある仕事です。

成長を感じたこと/これからの目標

わたしは人に質問するのが嫌でした。プライドが邪魔をして「悔しい」って思ってしまっていたんです。それが今、サイバードで働く中ではなくなって。今でも多少悔しいっていうのはあるけど(笑)、前より何でも聞くようになったし、それがサイバードに入って最も成長したところです。凄いと思える尊敬できる先輩方がいてくれるからですね。
今後は新しいシステムを自分で一から設計して作りたいです。その経験を持って外部で講演もできるようになりたい。その先では、エンジニアの枠に留まらず分析ツールを作って運用することから一歩外に出て、社内の分析アナリストの先輩のもとで、共にどうやったらお金を稼げるかにもっと携わって行きたいと考えています。

  • デザイナーズブログ
  • エンジニアブログ
  • Facebook