デザイナーインタビューを実施しました!

こんにちは、デザインチームのRIHOです。

新卒から入社して数年経過しましたが、まだまだ分からないことがたくさん…
ということで直属の先輩である『イケメンヴァンパイア』のリードデザイナー
KAORIさんにインタビューを実施しました!

イケメンヴァンパイア(以下:イケヴァン)チームでの業務やそれに関するエピソードなど
色々お話を聞いて参りました。

 

■沢山の経験が今に活かされる

 
 ──まずKAORIさんのイケヴァンチームでの仕事内容について教えてください。
 
   主にゲーム内の画像制作を行っています。
   具体的にゲーム内に使われるイベントTOPやバナー、SNS関連の画像など制作することが多いです。
   また、リードデザイナーとして他デザイナーが制作した画像の確認やグッズの監修も行っています。
   イケヴァンに限らず、イケシリイベントのデザインチェックをすることもありますね。
 
 ──自身で制作するだけでなく、監修も行っているのですね。
   もともと学生の頃からそういった勉強をしていたのでしょうか?

 
   大学は美術大学に進んだのですが、陶芸専攻だったので今の仕事と全く関係ないことを学んでいました(笑)
   ただ、大学時代にアルバイトでポスター制作をしたり、
   スマホ関連のデザインも携わったこともあったのでそこまで困ることはなかったです。
   また、ぬいぐるみの制作をする会社に勤務していたというのもあり、
   グッズの生地や造りの指示を的確にだすことが出来ました。
   こういった沢山の経験が今に活かされていると強く感じますね。
 
 ──なるほど。何事にも挑戦していくことで今後に繋がっていくのですね。

 

■誰もが身につけることが出来る、そんなグッズを。

 
 ──数多くの業務の中でなにか心に残っている出来事はありますか?
 
   やはり、自分が提案したイケメンヴァンパイアのマスコットキャラクター、
   『ムーセット』がグッズ化
されたことですかね!

 
 ──なんとムーセットはKAORIさん発案だったのですか…!?

 
gazou2
 
発売元:株式会社フクヤ様
 

   
   そうなんです!キャラクターデザインは別のデザイナーさんがしてくださったのですが(笑)
   イケヴァンが決まる前から『誰もが気軽に身につけることができる』
   そんなマスコット的キャラクターが欲しくて、ずっとそのことを周りの人に話していました。
   なんとかキャラクターが決まり、株式会社フクヤ様のご協力のもとグッズ化されて
   それを付けているお客様をみると自然と嬉しさが込み上げてきます。グッズができてよかったな、と。
 
 ──もう今やまさにイケヴァンのマスコットです。
   他にも気軽に手にとれるようなグッズがたくさんありますよね。

 
   最近制作された『スマホリング』もその一つですね。

 
20180718_02
 
発売元:株式会社セキグチ様
 

   発売時期の6月『ジューンブライド』に合わせて、
   株式会社セキグチの担当者様と相談し、指輪を普段身につけられるようなスマホリングに
   アレンジしてくださいました。
   また、イケヴァンのイメージとしているバラや月などのモチーフも取り入れつつ、
   スマホケースも色や模様で気軽に使用できるデザインになっています。
   今後もそのようなグッズを提供できるよう努力していきたいです。
 
 ──これは私も欲しいです!
   今後もグッズ楽しみにしています。ムーセットもお待ちしております!

 
   はい、楽しみにしていてください!

 

■アイディアは常に発信していく

 
 ──色々な画像制作や監修を通して、日々心がけていることはありますか?
 
   どのような制作においても世界観を崩さないよう心がけています。
   イケヴァンは他タイトルと比べるとかなり暗めで大人っぽいゴージャス感があるので、
   なるべく深みのあるような色を使用しています。
   また、イケヴァンのモチーフである月やバラでゴージャス感をだすなど工夫するようにしています。
   ぱっと見てすぐにイケヴァンだ!て思うようなデザインを今後も制作していきたいですね。
 
gazou5
 
発売元:株式会社ムービック様
 
 

 ──確かに、他イケシリとかなりイメージが違いますね…!
   最後になりますが今後の目標はありますか?

 
   ゲーム内でもゲーム外でもイケヴァンを盛り上げていきたいです!
   画像制作はもちろん、グッズもどんどん増やしていきたいですし
   コラボ企画にも幅広く挑戦していきたいですね。
   そのためにも、デザイナーの視点でアイディアを常に発信していきたいです。
 
 ──今後も楽しみにしています、インタビューにご協力いただきありがとうございました!

 

インタビューを通して、イケヴァンへの愛と情熱をとても感じました。
言われるがままにデザインするのではなく、デザイナーとして
自分からも意見を言える前向きな姿勢は私も真似をしていきたいです。

また機会があれば他の先輩方のインタビューもできたらと思います!
ありがとうございました。