クラウドファンディング「Makuake」を利用し、『マジカルデイズ』の本編完結 小説化が決定!人気コンテンツのリバイバル計画において、開始7日で目標額達成!

 株式会社サイバード(代表取締役社長 兼 CEO:本島 匡、本社:東京都渋谷区、以下「サイバード」)は、クラウドファンディングサイト「Makuake」を利用して開始した『マジカルデイズ the Brats’ Parade』の本編完結 小説化プロジェクトにおいて、開始7日で目標金額1,000万円超の支援金を賜り、2019年1月に惜しまれつつサービスを終了した、スマートフォン向け魔法パズルアドベンチャーゲーム『マジカルデイズ』の本編完結 小説化および第3部へのアナザーストーリー追加が決定しました。
支援者である、多くのファンの皆様からご賛同、ご支援を頂いたことを、心より感謝申し上げます。更なるプロジェクト拡大を目指し、今後、追加リターンに加えて新たなゴールを追加することも検討して参ります。

『マジカルデイズ』の本編完結 小説化プロジェクトについて
本プロジェクトは、サイバードで新規事業創出の取組みの一つとして実施している企画コンペティション「CYBIRD Challenge!」より生まれ、開始されました。

■実施期間(引き続き受付中)
2019年10月24日(木) 12:00~2019年12月5日(木) 18:00

■プロジェクトページ(URL)
https://www.makuake.com/project/magicaldays/

■目標金額(引き続き受付中)
・300万円 :本編 第1部(単行本1巻)小説化    【決定】
・500万円 :本編 第2部(単行本1巻)小説化    【決定】
・800万円 :本編 第3部完結(単行本2巻)小説化 【決定】
・1,000万円:本編 第3部にアナザーストーリー追加  【決定】

■リターン内容
小説クレジット掲載、限定カバーの小説書籍、イベントストーリー冊子、限定グッズ、支援者限定オフ会ご招待、支援者名前入り さら ちよみ先生サイン色紙、指定キャラオリジナルイラスト など

■『マジカルデイズ the Brats’ Parade』について
2016年12月iOS/Android版のサービス提供を開始。惜しまれつつも2019年1月にサービ提供を終了しました。
メインキャラクターデザインに、さらちよみ先生、楽曲提供に菊田 裕樹氏を迎えたスマートフォン向け魔法パズルアドベンチャーアプリゲームです。『マジカルデイズ the Brats’ Parade』では、1年生から3年生までの多彩な個性を持つ“ワルガキ”たちが在籍する、魔法学校「フェリクス魔法学園」を舞台に、総勢30名による友情あり・戦いありの青春ストーリーが繰り広げられていきます。第二部では、フェリクス魔法学園に加え、新たに隣国の魔法学校である「グロリア魔法学園」が登場し、新キャラクター5名が登場しています。

■「Makuake」について
株式会社マクアケは「生まれるべきものが生まれ 広がるべきものが広がり 残るべきものが残る世界の実現」をビジョンに掲げ、新しいものや体験の応援購入サイト「Makuake」を運営しております。「Makuake」は、世の中にある多くのアイデアや技術、能力を形にすべく支援を行い「世の中をよくする新しいチャレンジ」を応援しております。