イケメンシリーズ5周年記念キャラクター!バーニー・サオトメができるまで

 

こんにちは。デザイングループのKARINです。

皆さんはイケメンシリーズ5周年記念のナビゲーターキャラクターとして登場したバーニー・サオトメはもうご存じでしょうか?
ご存じない方はこちら→http://ikemen.cybird.ne.jp/of/5th/

今回はそのバーニーのイラストができるまでの制作過程をご紹介したいと思います!

実は今回、バーニーのデザインは社内コンペで決定しました。
社内の複数のデザイナーがバーニーのキャラクター設定資料を読み、各々デザインを考え、その中から決定するという形です。

saotome1

というわけで私もこのキャラクター設定資料を読み、イメージを膨らませながらゴリゴリとラフを描き起こしていきます。
イケメン研究所期待の新人、研究熱心で真面目な好青年ということで、ファイルやらPCやらを持たせてみたり、イケシリをプレイしている想定でスマホを持たせてみたり…。

コンペの結果、今回は私の描いたデザインで決定したとの連絡を受けました。
自分が考えたデザインが採用されたことはとても嬉しかったです!

ここでご紹介できないのが非常に残念ですが、他のデザイナーのラフも、みんな個性のある魅力的なデザインばかりでした!
同じ資料を読んでいるはずなのに不思議ですね…!

以降はさらに詳細をすり合わせながら仕上げていきます。

saotome2

さて、白衣のほかに正装としてスーツ差分が必要とのことだったので、線画に入る前にそちらのラフに着手。
表情差分もこの時一緒に制作し、確認へ出します。

saotome3

ラフのOKが出たら、こまかいところを修正しながら線画を起こします。
ひたすら納得のいく線が引けるまで描いては消し…描いては消し…
輪郭線は強めに、輪郭の中の服の皺などは少し弱めに、メリハリが出るように考えながら…

saotome4

その後着彩工程へ。
他のイケシリキャラと並んでも浮かないように…とのオーダーだったので、その点は特に注意しながら進めます。
途中で方向性が間違っていないか、細かく確認を取りながら進めれば、完成まであとすこし…。

saotome5

完成です!
工程ごとに確認をこまめに行ったため、大きな修正やトラブルもなく、すんなり仕上げることができました。
今回のコンペを通じて、キャラクターデザインを最初から最後まで全て社内で完成させるという、実はなかなか機会のない体験をすることができました。
自分がデザインしたキャラクターが活躍することを思うと、非常に楽しみです!
今後ともバーニーをよろしくお願い致します!