関根 早苗

社員インタビュー:関根 早苗

さまざまなことを経験した前職

サイバード入社までに、3社で経験を積んだ関根。
新卒で入社した1社目は、『好きなことを仕事にしたい』という気持ちから大好きだった洋服に携われる大手アパレル会社を選択した。

「選考を受けに来ている学生ともフィーリングが合っていたし、面接で出会った社員の方々がとても魅力的でした」

入社後は、接客と販売を中心に、店頭のディスプレイや在庫管理などバックヤードの業務を1年半経験しました。

「アパレルというと華やかなイメージがありますが、実は泥臭い仕事も多くて、朝から晩まで体力勝負でした(笑)。入社当初は、店舗のコンセプトを考え、どう商品を仕入れてどう販売していくかという戦略的な部分を考え、店舗自体を創っていくMDとしてのキャリアを見据えていましたが、店頭で働く中で本社と現場との間での考え方の違いを実感し、”人”をつなぐ役割に興味を持つようになりました。そこで、改めて仕事や働く意味を考え直しました」

”人”に関わる仕事として、「人事の仕事」を選択し、2社目は病院の人事総務部で、3社目は大手総合商社の海外人事部で経験を積んだ。

「労務の仕事から人事のキャリアをはじめました。給与計算や保険の手続きなど、人事の管理業務の基礎を固める経験を積みました。人事の業務には、採用や制度設計など幅広い業務があります。仕事の幅を広げたいと考え、新しい環境を求めて、挑戦をすることにしました」

サイバードとの出会い

そして、再度転職を決意した中で、サイバードと出会うこととなった。

「3社経験をしたものの、人事として一貫してキャリアを積んでいなかったので、正直、当時の自分には即戦力としての価値はなかったと思います。そういった中で、私という”人”を見てくれたのが、当時のサイバードの人事の方でした。面接では、今までどういう想いでやってきたのか、自分がどういうことをしたいのかという想いを聞いてくれたし、そして何より、その方自身が入社して、どんなことをやってきたのか、とても楽しそうに生き生きと語っていたのが印象的でした。サイバードであれば、業務の幅を広げたい、スキルを身につけたいという想いが実現できるなと感じました。『面白そう』って正直に思ったんです。そんな気持ちにさせてくれた人事の方と一緒に働きたいと思い、サイバードへの入社を決めました」

サイバードでの仕事

入社後はまず、出向や転籍を含む組織改定やそれに伴う人事発令など、人員管理の業務に携わった。
その後、評価制度の運用を担当し、時短勤務制度や在宅勤務制度などの福利厚生も見直してきた。
そういった中で、女性活躍推進に関する状況などが優良な企業に発行される認定マーク「えるぼし」の最高ランクを取得できたことは、大きな成果だった。

「人員管理と評価制度を運用していたことで、経営層や社員が何を考えているのか、そのギャップは何なのかというところが見えました。一部の側面だけではなく、会社全体として見ることができたのは面白かったですね。また、“人が組織を作る”という考えの元、社員の悩みや不安、疑問を拾って見える化して、それを議論の場にもっていける、良い方向に向かう手助けができる、というのは、自分の中で意味が大きかったし、会社を支えているという実感ももてました」

2018年からは新卒採用も担当することになった。

「新卒採用ではお互いがお互いを知らない中で、一方通行ではなく相互のコミュニケーションが発生する。そこは面白さだと感じています。学生の方にとって、就職をして会社の一員として働くのは初めての体験。会社の魅力はもちろんですが、働くことって楽しいんだ、わくわくするんだっていうことを伝えていければと思っています」

関根は新卒採用を“その人の人生の一部を作る大きな責任を背負う仕事だ”とよく言う。

「どの会社も良し悪しではなく、その人に合うか合わないかだと思います。自分に合う会社に出会えれば長く勤めることができます。ですので、何をしたいのかを聞きだして、納得感をもって導けるようにしたいと常に考えています。社会人の先輩として学生の方の可能性を広げられるようにしたいですね。学生の方がやりたいことと適性、サイバードならこういうことができて、学生の方のやりたいことのこういう部分ができる、といった対話をきちんとして行きたい。その中で、学生の方にとってサイバードが一つの選択肢になるなら嬉しいしです」

『人』を大切にしていきたい

人事担当者として、関根が考える、サイバードで活躍できる人像がある。

「自分の考え、価値観をしっかり持っていること。芯があること。変化が多い環境で、ぶれずに進んでいくことは大切なことだと思います。それから、やるべきことを自分で考えて実行できる人。そんな方が活躍できると思います」

変化の激しい業界なので、変化に対して流されるのではなく、変化をチャンスと捉えて柔軟に楽観的に考えてなんでもポジティブに捉えて楽しんで行きたいという。関根自身がそうありたいと思うと同時に、そういう仲間が増えていけば嬉しいと考えている。

サイバードの良さを、強制的なコミュニケーションはなく風通しは良くちょうど良い距離感があるので、
関係性を築きやすいところだという。

「信頼関係がある上で手を挙げればやれる。挑戦したいということに対して、聞いてくれて、やってみようといってくれる風土があります」

人と向き合う仕事に今、邁進する関根。その軸にあるのは、やはり“人が会社を作る”という信念だ。

「会社への好きという想いを持って欲しいです。その上で、それを周りへ伝染させてくれるような人がもっと増えて行って欲しい。そういう想いが会社の文化を作っていくと信じているんです」

  • デザイナーズブログ
  • エンジニアブログ
  • Facebook