原 絵里子

社員インタビュー:原 絵里子

思いがけぬ社会人スタート

入社後、最初に配属されたのはカスタマーサポート部門だった。当時サイバードは六本木ヒルズにオフィスを構えており、新生活はそこで始まるものと信じて疑わなかった。しかし、配属後すぐに沖縄のコールセンターへ常駐をすることに。

「地元大阪から東京に就職したつもりだったのに、いきなり沖縄でした(笑)。サービスを作りたいと思って入社したので、正直、最初は配属部署にギャップがありました」

沖縄には夏に3ヶ月、冬に3ヶ月の計半年、一人現地に住んで、オペレーターの人たちと共に、お客様からのお問い合わせ対応をした。

「思いも寄らぬ沖縄勤務でしたが、この時の経験は、お客様にサービスを届ける仕事に取り組む基礎を作ってくれたと思います」

その後、NTTドコモやKDDI、SoftBankをはじめとしたプラットフォーマー担当の営業部門に異動をすることに。サイバードの窓口として、プラットフォーマーに新しいサービスや施策の企画提案をする役割を担った。

「自分はサービス企画をする立場ではないのですが、社内から上がってくる企画を実際のサービス担当の一人として提案し、形にする必要がありました。また、プラットフォームの意向やルールを社内に伝えて実行することも役割でした。この時に、相手の立場に立って話し、いかにして受け入れてもらうかというコミュニケーション力が鍛えられましたね」

カスタマーサポート、プラットフォーム営業を通じて、自身がサービス担当ではないものの、自分がサービスを担当しているかのごとく考えること、意識すること、サイバードのサービスが他人事ではなく自分事という意識が鍛錬された。

ライフチェンジ

プラットフォーム営業として日々奮闘する中、原は結婚、出産を経験する。

「出産後に1年半の育休を取得し復職しました。今思えば、そんなにプレッシャーを感じなくて良かったのにと当時の自分に言いたいですが、1年半のブランクを巻き返さなくてはというプレッシャーがとても強かったです。時短勤務になって、やったことがないやり方で色々なことをやらざるを得ない状態になりました。時間の制約の感覚が今までなかったものの、いきなりやらなくてはいけなくなった状況がプレッシャーとなりストレスになりました」

以前のように働くことができるようになるまでには少なくとも半年は掛かるのではないかと思っていたが、今振り返れば3ヶ月も掛からなかったという。それは周りの環境のお陰だった。

「産休前と同じ部署に戻ってこれたのは大きかったです。同じ上司と仲間が待っていてくれました。信頼関係があるところに戻れたことで、そんなに不安に感じなくても良いんだって思えました。また、お休み中も浦島太郎にならないように、皆が連絡をくれたり、出産後には子連れでランチをしてくれたり、有り難かったです」

キャリアチェンジ

仕事と育児を両立する生活も板に付いてきた頃、原に次なる大きな“チェンジ”が訪れる。
入社した時から変わらぬ想いであった“自分のやりたいことを自分でサービスとして具現化したい”の実現に向けて、自ら部署異動を願い出るのである。

「自分の成長を考えた時に、新しいことに挑戦したい、新しい環境に入りたいと思ったのです。それまでは、まだ自分は未熟だし学ぶべきことがある。まずは今やっている仕事を通じてスキルを固めて行こうと考えてました。ただ、実際に行動するところに飛び込まないとこの先チャンスはないと思い、“自分でサービスを立ち上げる人間になりたい”と、当時の上司やチームの仲間に話しをしました。信頼関係と良いコミュニケーションがあったし、積み上げた上での自分の意見と受け取ってもらえる自信もありましたね。皆、応援してくれました」

夢に向けて

入社してから9年目で初めて事業部門に。自らサービスを作ることは初めてということもあり、最初は既存サービスの運営からスタートした。そして現在は、幾つかのサービスを担当すると共に、Voice UI事業にも参画。いつか、自分の子どもが遊んでくれる幼児向けの音声サービスを作りたいという。

「幼児向け×月額課金。わたしは古くはiモードの時代からプラットフォームをずっとみてきたので、月額課金というビジネスモデルの良さは熟知しています。だからこそ、お客様に本当に満足して使ってもらえる月額モデルが作りたいって思います」

大きな“チェンジ”を経てもなお、止むことのない原の熱量。その根源は、“もっと成長したい”という気持ちだ。

「キャリアアップは転職で出来るかもしれないけど、自分がやりたいのはスキルアップ。
それには自分より能力が高い人たちと一緒にやるのが一番良いんです。今の部署にはそういう人たちがいます。だから、わたしはこれからもサイバードで夢の実現を目指します」

  • デザイナーズブログ
  • エンジニアブログ
  • Facebook