メンバー インタビュー

インタビューNo.03 大山口さん
自分が携わった作品のレビューや 売上の数字を見て 一喜一憂していました!

サイバードなら、構築から運用まですべてに携われる!

自分が携わった製作のなかで最も印象に残っているのは「イケメン英語戦国」というアメリカ向けの作品です。構築から運用まですべてに関わったので、分からないところは同僚に聞いたり、自分で調べたりして完成さたのですが、そのおかげでいろんな技術を学べましたし、マネージメントの経験もできました。
前職ではインフラをやっていたので、お客様の目に触れる製作ができたのが嬉しかったですし、レビューや売上の数字を見て一喜一憂していました。苦労もありましたが、今なら最新の技術を使ってもっと良いものが作れると思うので、またやってみたいですね。

時代のニーズに合ったエンジニアになる!

目指すところは、時代のニーズを取り入れて世の中から求められるエンジニアになることです。そのためには、いろんな業界とつながりを持ち、ベンダーの方に話を聞いてトレンドを探ることも必要ですし、最新のIT技術を収集しておくことも大事だと思います。作業の方向性さえ定まれば頑張れるタイプなので、常に準備をしておきたいです。

pick up!

大山口さんに 気になるところを聞いてみました!

●サイバードに入社を決めた理由は?前職ではネットワークのシステムインテグレーションをやっていたので、サーバーやクラウドの経験を積みたいと思って入社しました。サイバードはAWSのクラウドが強いので、いろいろな機能を使いながら運用をしています。

●サイバードの雰囲気はいかがですか?女性が多くて明るい雰囲気ですし、上司と部下や部署と他部署の間にカベを感じないですね。いろんな意味で働きやすいのでストレスを感じることなく過ごせています。

●休日は何をしていますか?週4日から6日はジムに通っています。多いときはほぼ毎日になりますが熱中すると、とことんまでやりたくなる性格なんです。とにかく行けるところまで行ってみたいと思っているので、近い将来、もしかしたらボディビルダーのような体になっているかも……(笑)。

CYBIRDで働く、闘うエンジニアたち

  • 高橋さん
  • 柿崎さん
  • 大山口さん
  • 竹本さん