メンバー インタビュー

インタビューNo.02 柿崎さん
品質管理で困っているようだったので サイバードを「助けよう」と思って やってきました!

サイバードなら、仕事に対するやる気を与えてくれる!

サイバードの社員としては、各事業のサービスや品質を高めて顧客満足度を上げ、業界のトップクラスまでのし上がっていくこと。個人としては、こうした業務を推進することによって、品質管理・品質保証業界全体を盛り上げていくことを目標にして働いています。今はまだ道半ばですが、サイバードは自由にやらせてくれる余地を残してくれていて「やってやろう」という気持ちにさせてくれる会社なので、是非とも達成したいですね。

業界では貴重な品質管理のベテランエンジニア

自分の強みは、品質管理・品質保証に関する経験、及び知識です。品質管理は開発の最後に出番が回ってくることが多く、時間がないなかでいかに効率良くテストをしてソフトランディングさせるか、というスキルが求められます。でも、品質管理はエンジニアのなかでも少し異質な存在で、10年、携わっている技術者はそれほど多くありません。そんな状況でこの業界に長く就いていたおかげで最近はシンポジウムに講演者として呼んでいただくことが増えました。そこで、そういった機会を通して自分の経験を業界内へフィードバックさせています。

pick up!

柿崎さんに 気になるところを聞いてみました!

●サイバードに入社を決めた理由は?面接の際、本当に品質管理で困っているようでガチな相談を受けたので、「助けよう」と思ってやってきました(笑)。

●サイバードの雰囲気はいかがですか?社員のみなさんは学習意欲が高く、新しい知識を柔軟に取り入れる姿勢を持っていて本当にマジメ。
自分はちゃらんぽらんな性格なのですが(笑)、さすがに影響されたのでまた基礎から勉強しなおしました。

●休日は何をしていますか?平日は出ずっぱりなので、週末は早く起きて家事に勤しんでいます。掃除、洗濯、買い物ときっちりやりたいタイプなんですよね。
あとは、Netflixで映画や海外ドラマを観ています。最近は「オルタード・カーボン」の全10話を一気見しました。

CYBIRDで働く、闘うエンジニアたち

  • 高橋さん
  • 柿崎さん
  • 大山口さん
  • 竹本さん