メンバー インタビュー

インタビューNo.01 高橋さん
1年目からメインプログラマーを務め 一からアプリを制作しました!

サイバードなら、若手でも仕事を任せてもらえる環境がある!

新卒で入社したので、新人は企画ミーティングに参加させてもらえないものだと思っていたのですが、2ヶ月の新人研修を終えてすぐにデザイナーも参加するようなミーティングに出席させてもらえました。さらに、それから1ヶ月もしないうちにアプリのリリースに携わり、1年目の終わりくらいにはiOSメインプログラマーを務め、一から製作をしました。このようにサイバードには若手でも仕事を任せてもらえる環境があると感じています。

「生きたエンジニア」であり続けたい!

技術者の視点から提案ができる「生きたエンジニア」であり続けたいです。言われたことをやるだけでは、エンジニアではなくただの作業者にすぎません。真のエンジニアならば、自分が知っている領域から提案を行い、追加の実装を行うことで付加価値をプラスしていくもの。そういった意味では、サイバードにはエンジニアも提案ができる場があるので、生きたエンジニアが働くのにマッチする職場だと思います。

pick up!

高橋さんに 気になるところを聞いてみました!

●サイバードに入社を決めた理由は?サイバードはゲーム事業のみならず、様々なコンテンツを扱っているので、入社すれば自分も幅広い開発を経験できると思ったからです。
あとは関西出身なので、せっかく東京へ行くからにはおしゃれで女性が多い職場で働きたかったからですね(笑)。

●休日は何をしていますか?今、ハマっているのはボルダリングです。それぞれのレベルに合わせたコースが用意されているので、制覇するごとに達成感が感じられて楽しいです。それから、会社の同僚を自宅に招いてテレビゲーム大会やテーブルボードゲーム大会を開いたりしています。

●あなたの強みを教えてくださいエンジニアリング以外の活動に対しても積極的に参加するところです。社内で開催される様々なイベントに顔を出すことでプランナーやデザイナーの方ともコミュニケーションが取れるので、エンジニアに対する知見を持ってくださる人が増えて仕事にも役立っています。

CYBIRDで働く、闘うエンジニアたち

  • 高橋さん
  • 柿崎さん
  • 大山口さん
  • 竹本さん