【第4回目モノクラブ】いざ、飴細工!

 

こんにちは、ゲーム事業本部のETSUKOです。
今回は、浅草に本店を構える飴細工工房「アメシン」さんをお呼びし開催した、「飴細工体験」についてのレポートです!

 

お手本

 

参加者募集をしてスグに定員が埋まった人気のイベントだけあり、全員かなり前のめりな様子。
細工師の方から説明を受け、いざスタートです!

飴細工は、90℃程度まで熱してやわらかくした飴を、握りバサミと素手を使って美しく細工をする伝統工芸です。
プロの手に掛かればこんなに素敵な細工がモノの数分で作れてしまいます!

 

見本

 

今にも飛び出して来そうな躍動感です。

とはいえ、いきなりこのような美しい細工は作れません。
練習用の飴を使ってまずは練習です。

 

練習用の飴
職人さん

 

飴を練ってくれているイケメン細工師の方に、女性社員は釘付け。

練習後はいよいよ本番。
やわらかくなった飴は放っておけばスグに硬くなってしまいます。
しかも細工をしようと手で触れたりハサミを入れたりする程に固まっていきます…!
本番用の飴を目前に緊張度MAXの中、いざ勝負です!
結果は如何に…!?

 

作業風景
作業風景2

 

<結果>

 

うさぎ

 

可愛らしいウサギ

 

ねこ

 

流線形が美しいネコ

 

!?

 

…!?

古くは8世紀頃からあるといわれる飴細工ですが、この伝統工芸の中に脈々と受け継がれてきた美意識を肌で感じられたことは、自分達の美意識、ひいては日々作りだしているプロダクトへの意識を再認識するという意味で、とても貴重な体験でした。
そして、モノを創り出すという行為が、純粋にとても楽しかったです!

アメシンさん、本当にありがとうございました!